古材を移築・改装したモダンな縁粋の店内、外観は日本料理を提供しているだけに、敷居が高い印象を受けますが、一人あたり昼間は1000円の予算から食事がいただけます。

心癒す中庭が広がる造り、夜の営業時間になればライトアップもされるそうで、別の景色を眺めることもできます。
縁粋は掘りごたつやお座敷、テーブル席も完備しており、足腰の弱い年配の方々からも人気となるお店です。

縁粋は素材にこだわった会席料理が味わえるのですが、幅広い御膳メニューがある中、天ぷら・荒焚御膳1500円や天ぷら御膳、昼の彩会席などが人気になります。
錦糸たまごの上に角煮がどっしりとのった長崎角煮重は、卓袱風になっているので、観光や旅行客から人気です。

食前酒に長崎の旬の肴を取り合わせるなど、一の重、二の重と楽しみな味が詰まっているのが角煮重の特徴です。
縁粋の自家製のタレで8時間ほど、じっくりと煮込む角煮ですから、柔らかくとろけるような味わいで評価されています。

もちろん、一等地にある老舗だからこそ、接待向きとなる夜からは一人あたり5000円が相場になっています。
それだけ満足できるサービスが縁粋では提供されています。

店名:縁粋
住所:長崎県長崎市銀屋町2-12
電話:095-829-3222